活動の場をFANBOXと自サイトだけに移しました。

こんにちは、MinaFrancescaです。
制作実績の更新ばかりであった自サイトでの記事投稿となります。

先日、長らく利用してきたTwitterのアカウントを削除しました。

これには様々な理由があるのですが、最もな理由として、もっと「神秘的」でありたいと思ったことです。
VRChatで様々な幻想的な世界を創っていくなかで、私という存在がTwitterで目立ってしまうことで、せっかく創った世界が、なんだか台無しになってしまうような、そんな気がしたのです。

もちろん、Twitterでのみなさんとのコミュニケーションはとても楽しいものでした。
よりみなさんを身近に感じ、また、みなさんも、私という存在を身近に感じたことと思います。
VRChatにおいて、なんらかの制作者に、気軽に会える、話せる、そういう現状は、大変素晴らしいものだと思う一方で、いくつか疑問が今でも私の中にはあります。

ひとつは、さきほどの通り、気軽に、身近に感じすぎることで、作品に良い影響も悪い影響も与えてしまうことです。

次に、私が創るコンテンツを最大限楽しむためには、ある程度の私との距離感が必要だということ。信頼、親密であることはとても素晴らしいことですが、これがもし、何かのきっかけでこじれてしまったら、その時、私が創るコンテンツを、最大限楽しめるでしょうか。
VRChatでは、遊ぶ側、利用する側と、それを創る側とで、人と人との繋がりというきわめて不安定で脆い糸のようなもので繋がっている。私はそう見ています。

必要以上に仲良くしたくない、とか、そういう悲しい話では決してありません。

今回、これに関する様々な出来事が私の周囲で起き、それによって私が今もっともやりたいこと、考えたいことを満足に考えることが出来ない精神状態になってしまい、そこに周囲の人達が介入してきて、事態はややこしくなっていきました。

Twitterを閉じても今度はDM通知が飛んでくるし、返信をしないままでいると、相手に与える印象を考えてしまうので、やはり優先的に返信をしようとTwitterを開いてしまう。
そしてまた話が揉める。
あっちではこう言っていた。こっちではこう言っていた、となっていき、
様々な人が介入することで情報の錯綜が起き、また、本来内々だけにとどめるべきDMの会話ログをSSを撮って別の人に「こんなことを書いていました」というふうに簡単に情報漏洩をしてしまうことで、さらに事態は悪化していくのです。(私は絶対にDMのSSを撮って他者に送るようなことはしません)
よって、どんどん人間不信になっていってしまいました。

その一方で、思考を占有されてしまうことで、作業の手が止まってしまったことが、私の中でどんどん大きなストレスになっていきました。
どこまでいっても、私はクリエイターであり、アーティストだと自覚しています。
そんな人が、作業進捗に支障が出るような環境下に長いこと置かれてしまったらどうなるだろう?

自分がすごく情けなくなりました。
もう人生の半分以上、同人活動、音楽活動をしてきた、創作活動における、いわば大先輩であるといえる私が、SNSにおける人間関係とそのいざこざで、制作の手が止まってしまったことに、自分自身にものすごい苛立ちを感じ、情けなく思ったのです。

そしてそんなストレスを抱えたまま、自由にツイートできる環境にいたら、きっとどんどん負をばらまいてしまう。それは、この記事の最初にも書いたとおり、私が創った世界に、悪影響を及ぼすものだ、と判断したのです。

つまり、もっと神秘的な存在でありたい。あるべきだ。
そう思ったのです。

今後は、FANBOXで制作の報告と公開を。
私個人の感情、思い、雑記、または、VRChatでのSSなどは、この自サイトのブログで記録していきたいと思います。

ここからまた、再スタートをしていきたいと思います。
これからも仲良くしていただける皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

それでは。

MinaFrancesca

Leave a Reply