バグ報告行為への注意喚起

この記事は、MinaFrancescaが制作するVRChatワールドにおいて、ワールド内にある注意書きに気づかずにバグ報告を送信してきた方に送られています。
もし気づいていたなら送ることは無かった、という方は、このままこの画面を閉じていただいても大丈夫です。不快な思いを与えてしまったこと、心よりお詫び申し上げます。

この記事を広めるつもりは一切ございません。あくまでも、MinaFrancescaが創ったワールドでの話となりますので、あたかもこれがVRChatでの常識、のように拡散したり、「MinaFrancescaがこんなことを書いていた」として批判的なことをSNS上で論じたりすることは、絶対にご遠慮くださいませ。

MinaFrancesca制作のワールドはバグ報告は禁止です

バグ報告は、私が特別に依頼した人物のみとしています。いかなる理由があっても、絶対にバグ報告は送ってこないでください。重ね重ねになりますが、これはMinaFrancescaが制作したワールドのみに適用されることであり、VRChat全体について注意喚起しているのではありません。


バグ報告禁止とする理由

ワールドを公開した時点で、そのワールドを”クリアできる”ことが確認できている、ということです。クリア出来ない状態では公開いたしません。しかしこれは、正しい手法、推奨された環境、人数においての話であり、VRChatのワールド人数制限における2(4)といった、括弧内の人数で動作を保証するものではありません。
これを前提として、クリアをしづらくさせている不具合や、度々問題の起こる箇所、多くの方に迷惑がかかると考えられる不具合は、既にこちらで気づいていることがほとんどであり、公開後のどこかのタイミングで改善が図られます。
このようなことから、バグ報告を不特定多数の方から受けることは、制作側の余分な負担を増加させることに繋がると考え、禁止とさせていただいております。


そのバグ報告は本当に必要ですか?

報告しようとしたそのバグの内容は、本当に必要なことでしょうか?
以下によくある例を記載します。

  • コライダー抜けがあり壁を突き抜けた
  • ある地点で動けなくなる
  • 判定が入らない

大雑把にはこのようなことが多いです。まずは以下のことをお試しください。

コライダー抜けがあるところを抜けないように歩きましょう。
動けなくなる場所へ行かないようにしましょう。
インスタンスを立て直し、再度推奨人数内で、他の行動をするよりも最優先で判定があるかどうかを試してみましょう。
多くの問題はこれで解決します。


禁止は出来ませんが、お願いしたいこと

決して私が禁じてよいことではなく、各々に権利があることですが、出来ればご協力をお願いしたいことを明記いたします。

  • バグで進めなかった、とツイート、拡散すること
  • 使いづらい、やりづらい、などの苦情ツイート、及び拡散すること
  • 他のワールドと比較して、あっちで出来ているからこっちでも実装してほしい、という要望を出したりツイートしたり拡散すること

推奨人数内にも関わらず、バグで進めなくなる、ということは確かにあると思います。ですが、いちいちそれを不特定多数に報告する必要は無いと考えます。
クリアできるからこそワールドを公開していますので、作者が想定していない行動、経路を辿ってワールドが壊れたのだろう、と考え、すみやかにインスタンスを立て直すことをおすすめします。

使いづらい、やりづらい、などの苦情ツイートはご遠慮いただきたいです。
感想のツイートを探しにいった際に視界に入ってしまいます。また、それが多くの人の目に触れ、MinaFrancescaの創ったワールドのアレは使いづらいんだ、という認識が広まってしまいます。
使いづらいままワールドを公開しません。何か原因が自分にないかを再確認してください。
アバターの身長が小さすぎたり大きすぎたりしていないか、あきらかに人とは異なる人外のアバターを使っていないか、VR推奨と明記されたワールドでデスクトップでプレイしようとしていないか、などです。

他のワールドと比較して、あっちの拡張メニューは使いやすいから、こっちでも同じ仕組みを入れたら良いのに。Boothで配布しているよ、といったことを話すのは確かに自由ですが、技術的に難しいことも多く、また、改善に時間のかかるものや、世界観にそぐわないものもあります。
さらに、可能な限りBoothで配布されている出来合いのprefabを使わない、という精神のもとで制作していますので、出来ればこういった類のツイートを拡散することはお控えいただきたく思います。


バグ報告をされる側になったつもりで

面倒な話のように感じると思いますが、バグ報告をされる側になって考えてみたことはありますか?VRChatにおいて不特定多数の人達がいっきに、気づいたワールドの不具合を、バラバラと作者宛てにTwitterのDMやDiscordで、バグ報告として連絡をしてきたら。

ゾッとしませんか?私はします。

VRChatにおけるワールド制作は基本無償の行為です。誰にもお金を請求したり報酬を得たりしませんし、依頼されて創ったものではありません。
また、ほとんどの作者は、空いた時間や、寝る時間を割いて制作していることでしょう。
もしバグ報告が、同じ内容のものも含めてバラバラと送りつけられてきたら、作者はまたその対応に追われ、大切な時間を割いたり、制限したりするのです。例えそれが急ぎ案件じゃないとしても、いずれやらなければいけない、という精神的縛りを与えているかもしれません。
バグ報告をする、ということは、イコール、作者になんらかのタスクを積み上げる、という行為に他なりません。

みんなでバグ報告をしたほうが、より良いワールドになるからすべきである、という考えをお持ちの方はいますか?それも確かに一理あります。実際によくなったワールドはたくさんあるでしょう。しかし、ワールドを創っているのはワールド作者であり、訪れた方々ではありません。
そして、作者が必ずしも皆と力を合わせてより良い作品にしたいと考えているとは限りません。


それでもどうしてもバグを伝えたい

なんらかの理由により、どうしても伝えたいバグ報告がある場合は、TwitterのDMやDiscordではなく、VRChat内で直接会いにきて、声で、その場でお聞かせください。
基本、それ以外のバグ報告は受け付けません。