ついに最後の看板を置きました

幻想世界ステラ、ついに最後の看板を配置しました。
もちろんまだやることはありますし、ちょっと時間がまだあるので、余力で作業しようと目論んでいたさらなる隠しエリアの制作に着手しようかなと考えています。
ワールド容量は、1Gは多分越えない・・・と思います、多分w

それから、これはチュートリアル看板にも記載することなのですが、
今回様々なシーンで複雑なトリガー情報のやり取りがあります。
その際にやはり心配になる同期問題なのですが、ステラではインスタンスのマスターがほとんどのトリガーによる処理を集約して担い、そこから同インスタンスにいるプレイヤーに伝搬する、という形を徹底しています。
Pandoraでも一部そうしてはいるものの、すべてではなかったのですが、ステラでは重要なシーンではがっしりと対策が行われているため、同期問題が比較的起きにくいはず・・・です(震え

そもそもワールド散策を開始して早い段階で気が付くことで、いわゆるHPの概念がプレイヤー共有となっていることで、複数人での攻略体制にほぼメリットがない、というのがあるので、しっかりクリアしたい、物語をしっかり追っていきたい、でも複数人で体験したい、ということであれば、インスタンスは皆さん別々として、裏でDiscodeで音声を繋いで、画面共有してOVRで視界の脇に画面を配置して一緒に攻略を進めていく、というのが最も動作不良が少なく、安全にスムーズに攻略を進行出来ると思います。

また、長い冒険なのでもちろんセーブポイントがあります。Pandoraの時のように、暗号による管理で、途中から始めることが出来るので、その日の攻略を中断したのち、同じインスタンスに集まって、セーブポイントにみんなで集合して写真を撮る、というのはスムーズにできると思います。

機能的にも、利便性という意味でも、ステラはMinaFrancesca史上で最新鋭のものとなっており、複雑かつ整頓されたヒエラルキーによるオブジェクトの管理が徹底されています。

さてさて、あと公開まであと一か月とちょっとですね。
引き続きご期待くださいね!

 

(4 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

Leave a Reply

(4 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...